どうも、nomiyaです。

 

くせもののUADエラーについて情報を広めていこうということでエラーについての内容や解決方法をまとめました。

自分が今までに遭遇したUAD関連のエラーからピックアップしているため網羅はまだできていないですが、少しでも参考になればと思います。

 

それではご覧ください。

 

1.ケーブルの断線、接触不良などによるエラー

【当エラーについて】

ケーブルの断線、接触不良などにより何かしらのエラーが起こるようです。(当然といえば当然のことですが。)

UAD公式においても、「Thunderbolt or USB 3ケーブル の不良または欠陥が、多くの問題を引き起こす可能性がある。」

という見解があるようです。

 

【解決方法】

解決方法はあたりまえなことですがUADとPCをつないでいるケーブルを使用可能なケーブルへ交換しましょう。

その後、UADが正常に起動するなら断線が原因のエラーだったということでしょう。

 

おすすめは接続用のケーブルの控えを1本用意しておくことです。

こうすることで断線有無の確認が非常にスムーズになり、症状の早期発見につなげることができます。

また、もし断線していた場合はすぐに取り換えることできるので、ケーブルを購入するまでの間の作業中断もありません。

 

ちなみに、自分は現在「サンワサプライ USB3.0ケーブル 2m(型式:KU30-20BK)」というUSBケーブルを使用しています。

 

値段もそこまでしないので2本買っても大して痛くないです。

また、2mと短いケーブルを使用している理由はUAD公式が「2m以内の長さである必要がある。」と言っているからですね。

これより長いケーブルでは、システムのパフォーマンスに悪影響を及ぼすそうなのでここは注意です。

 

接触不良の場合は接点復活材などをつけてみるとよいと思います。

 

2.メモリ不足によるエラー

「one or more UAD powered plugins has been disabled.The plug-in was unable to load. Out of PGM/MEM resources」のエラー表示

【当エラーについて】

UADのプラグインはプロジェクトを起動すると配置してあるプラグインが一斉に読み込まれるため、この時にメモリが不足して発生することが多いようです。

 

【解決方法】

当エラーの解決方法、詳細は少し長くなりますが、以下の記事を参考にしてみてください。

 

3.特定プラグインの組み合わせによるエラー

「A UAD device is not responding(code-38)」のエラー表示

【当エラーについて】

UAD公式にて、「code-38:コンピューターとUADデバイス間の通信の問題を示す一般的なエラー」と言われています。

この他、「プロジェクト開始時におけるプラグイン一斉読み込みの際に、特定プラグインが組み合わさっている場合」でも発生すると考えられるエラー。

このエラーが起こると「エラーに関わった複数のプラグイン、もしくはすべてのプラグイン」が使用できなくなる場合が多かった。

 

「特定プラグインの組み合わせによるエラー」とありますが、実際の発生原因としては

①UADプラグインの読み込み順番

②使用しているUADプラグイン同士の相性

③DTMソフトの種類

・・・などの複数要因が絡まって発生するようです。

以上よりエラーの原因を正確に把握することが困難なため、当エラーに関する情報は少なく、対処などが難しいのが特徴。

UADエラーの中でも一番厄介なエラーになると思います。

 

また、発生のタイミングとしては「プロジェクトの起動時にUADプラグインが一斉に読み込まれたとき」に発生します。

(「2.メモリ不足によるエラー発生」と同じためややこしい。)

ということなので、こちらも基本的には作業中には発生しないだろうと考えられます。

作業開始時に突如としてこのエラーが起きるため、何が起こったか理解できずケーブルが断線したとかUADが故障したのかと思い込みやすいエラーです。

 

また、このエラーが発生するとUAD本体の「HOST」が赤くなったり点滅したりするよう。(場合によってはないかも。)

これもまた断線や故障を想起させる原因だが、実際にはプラグインの問題でもこんなことになる。

↑「UAD-2 SATELLITE USB」のエラー発生後の本体。通常は「HOST」が白く表示される。

 

【解決方法】

解決方法としては、

①発生の原因となっているプラグインを取り除く

②UAD本体の電源を入れ直す

 

が最も簡単だと思います。

自分が直近で追加したプラグインが原因になっている可能性が高いので、そのあたりのプラグインを一つ一つ取り除いて確認していきましょう。

また、取り除いた後は再度UAD本体の電源を入れ直さないとうまくエラーが解決しないことがありますので注意してください。

 

・・・という感じに手間がかかるので、このエラーが起こると解決までに少し時間がかかるケースが多いです。

 

もうお分かりだとは思いますが、直近で使用を開始したプラグインが少なければ少ないほど楽です。

そして多ければ多いほど特定が困難になるのでめんどくさいです。

 

また、原因プラグインを「取り除く」のが重要で、ミュートではいけません。

ミュートにしたプラグインもプロジェクト開始時の一斉読み込みで読み込まれてしまうからですね。

(使用しているDTMソフトによってこの辺は変わるかも。とりあえずCUBASEでは原因プラグインをミュートにするだけではだめだった。)

 

 

 

4.エラー解決の参考になるもの

その他エラー解決の参考になる情報がある場所のリンクを貼っておきます。

今のところ英文のサイトしかないので少し不便ですね。

 

① UAD公式サポート トラブルシューティングについて(英文)

② UAD トラブルシューティングフォーラム(英文)

 

5.まとめ

UADに関連するエラーは使用しているプラグインが増えるほど、発生の可能性が上がります。

つまり、本当に必要なプラグインだけを選別して使用しているプラグインの数を減らすことがエラーの回避につながります。

 

UADのプラグインは優秀ですが、使えば使うほど良い音楽が作れるとは限りません。

エラーが頻繁に発生するという人はUADのプラグインを一度整理してみるのがいいかなと思います。

 

また、UADのエラー解決にあたっては、何が原因になっているかを1つずつ潰していくことが重要です。

エラーでお困りの方にこの記事が少しでも参考になればと思います。

 

今回はおわり

 

TRI◢WAVES ー 1st work
おすすめの記事