nomiyaです。

これから本気でギターやベースを始めたいと思っているけどお金がなくてなかなか始めるのにためらっている人。

また、本気で始めるためには初期投資でいくら使うのか具体的にわからない人へ。

ギターやベース自体、始めるためにはとても高いお金がかかると思われがちですが、実はそんなにお金は必要じゃありません。

最低でも約20000円程あればちゃんとした環境で練習ができ、ライブにも出れます。

 

しかしながら、私は初心者セットの購入はオススメしていません。

ギターやベースを始めるにあたって、初心者セットのことは考えないでください。

初心者セットの方が安いし、色々付いてくるからいいんじゃないの?

という人は一度こちらの記事を見てください。↓↓↓

 

それでは、最低限の金額でギター・ベースを本気で始めるための機材を紹介していきます。

1.ギター・ベースは15000円以内で買える「バッカス ユニバースシリーズ」

【バッカス ユニバースシリーズ】とはバッカスという国産ブランドが製造しているギター・ベースのラインナップです。

この価格帯ではありえないほどしっかり作られていて、コスパが良いので初ギター・初ベースにオススメです。

セールなどを活用すれば新品でも13000円程で購入することができます。

また、簡易的なギターバッグも付いてくるので持ち運びの心配もありません。

 

「バッカス ユニバースシリーズ」の良さについてはこちらで紹介しています。参考にしてもらえれば。↓↓↓

2.自宅練習用アンプは4000円以内で買える「Amplug(アンプラグ)」

【Amplug(アンプラグ)】はギター・ベースに刺すだけで本格的なアンプの音が出せる優れもので自宅練習や外出先での練習に最適です。

VOX Amplugシリーズの画像

【メリット】

①これを差して電源を入れるだけで使用可能な簡易さがある。

②イヤホンをつなげて練習できるので騒音の心配が激減する。

③イヤホンと音楽プレイヤーをこれにつなげば好きな音楽と音合わせができる。

④小型のため、自宅のスペースを圧迫しない。

⑤ギグケースに入れて外出先でもいつでも練習ができる。

⑥ギターアンプ、ベースアンプの中でも非常に安価。

 

【デメリット】

①本体がプラスチックのため、やや耐久性が低い。

 

 

正直なところ、この金額でこの利便性と音質はすごいと思います。

かなりコスパのいい初心者の味方です。

 

3.ライブ時のアンプ接続用ケーブルには2000円以内で買える「CANARE(カナレ)」

ライブ時のアンプ接続用ケーブルには【CANARE(カナレ)】を使うとよいでしょう。

基本的にギターとベースで兼用できます。

CANAREシールドの画像

「断線しにくい・安価・音質良し」でコスパの良い安定したケーブルです。

これを使ってライブスタジオにあるアンプへ自分のギターやベースをつなげば大きなスピーカーから音を出すことができます。

ちなみに、このようなアンプ接続用ケーブルはシールドとも呼びます。なのでこのケーブルに関してはカナレのシールドとも言い換えられます。

4.ストラップで約1500円

ストラップについてはこのぐらいの価格のものを買っておけば特に問題はないでしょう。

あんまり安いやつを買うと肩が痛くなりやすかったりするので注意してください。

「fender strap」の画像

↑フェンダーのストラップ。何を買えばいいかわからないときはこれを買っておけば問題ないと思います。

 

ちなみにストラップはギターでもベースでも兼用できるものなのでギター用だとかベース用だとかは気にする必要は無いです。

5.ピックで約500円

ピックはよくなくなるので複数買っておくと良いでしょう。形も色々あるので別々の形をいくつか購入して自分に合っているピックを見つけましょう。

1枚100円程なので気軽に買ってください。5枚もあれば十分だと思います。

6.クロスなどで約1000円

弾いた後に弦を拭く用にクロスやフィンガーイーズなどを買いましょう。

弾いた後にそのままにしておくと一瞬で弦がサビるので注意してください。

サビた弦ではまともにギターが弾けなくなってしまうのでこれも最低限必要なものに入れています。

 

弾いた後にフィンガーイーズを吹き付けたクロスで弦を拭いておくと、次弾くときに弾きやすくなりサビも防止できます。

そのため、弾き終わるたびにこれで拭いてあげるのがベストです。

【フェルナンデス WCSポリッシング クロス 625S 】
フェルナンデス WCSポリッシング クロス 625Sの画像

 

【フィンガーイーズ】
フィンガーイーズの画像

7.最後に

どうでしたか。意外と安いと感じましたか、それとも高いと感じましたか。どちらにせよこれ以上安くなる選択肢を選ぶとあまり良い結果にはならないと思います。

安い買い物ができても買ったものが使えないものであれば意味がありません。むしろ、損になってしまいますので気を付けてください。

 

また、自宅練習のみで良いという人はシールドが必要なくなるので、さらに2000円程安くすることができます。

金額的な問題だけから言えば、ギター・ベースを始める敷居はそこまで高くないことにこの記事で気付いてもらえたら幸いです。

(2万円弱を高いととらえるか安いととらえるかは人によると思いますが・・・。)

この機会に楽器を始めてみませんか?

 

今回はおわり

TRI◢WAVES ー 1st work
おすすめの記事